HOME >> 環境学習の紹介 >> 暮らしと地域づくりを知る/湯の鶴地区






 暮らしと地域づくりを知る

 水俣市や芦北地域は波静かな不知火海に面しており、九州山脈につながる山里の集落が数多くあり、農業や漁業、林業など、様々な暮らしがあります。高齢化や少子化などによる地域全体の人口減少は全国的な課題ですが、水俣・芦北地域でも同様の現象が進んでいます。そのため水俣・芦北地域では「環境のさと郷」をテーマに、地域にある素材(人、暮らし、風景、歴史、文化など)を活用した地域づくりを進めています。

 湯の鶴地区 ---地域づくりに参加しよう---




■水俣病に関する情報サイトリンク集